カウンセリング

今後も需要があるでしょう|美容外科で安全豊胸術

用途に応じて方法を選択

女性の胸

方法は一長一短

胸が小さいコンプレックスを解消するために豊胸手術を検討している人にとって心配なのが、手術後の経過や不自然な方にならないかどうかなどです。豊胸手術には大きく3つの方法が現在行われています。一つはヒアルロン酸の注入方法、もう一つはシリコンバックを利用する方法、そして最後に脂肪注入方法です。まずヒアルロン酸の注入方法です。この方法の特徴は最も自然な形にで豊胸手術できることです。注射の実でできるため手がるにバストアップできるのです。しかしこの方法で可能なサイズは1カップサイズに限定されます。そしてヒアルロン酸は体内に吸収されるため1年程度の効果しか持続しないのです。そのため維持することを希望するのであれば、1年毎に再手術を行う必要があります。

持続性と形を併用できない

シリコンバックは一度の手術で2〜3カップサイズ大きくすることができます。シリコンバックは体内に吸収される成分ではありませんので大きくしたバストを持続させることが可能になります。しかし注意点もあります。この方法は形や感触が不自然であるということです。最後に脂肪注入です。自然な形を求めるのであれば、一番理想的な方法です。感触も形も申し分ないものができます。自分の太ももやおしりなどある脂肪を利用してバストアップしますので、自然な感じを保つことができます。しかしこれにも持続性の問題があります。脂肪の定着率は60%程度です。残りは体内に吸収されてしまうのです。そのため豊胸手術で大きなバストを作っても持続できないのです。しかし、定期的な通院で大きなバストを持続することが可能になります。